歯を失ってしまった方

btn_telsp.png WEB予約

歯を失ってしまった場合の治療方法として、入れ歯、ブリッジ、インプラントなどが考えられます。それぞれの治療法のメリット、デメリットをよく考え、用途、目的に合った治療法をお選びください。

入れ歯

最も多いのが、保険診療でできる入れ歯です。入れ歯にはさまざまな種類があります。機能性を求めるか、審美性を求めるか、両方求めるのか。当院では患者さまのいろいろなニーズにお応えします。
見た目より機能性を求める人に最適なのが、フレームに金属を採用した金属床の入れ歯です。フレームが金属床の入れ歯は、プラスチックよりも薄いため、あまり違和感なくご使用いただけます。金属の中でもチタン製なら軽量で強度も高く、金属アレルギーが起こりにくいのが特徴です。

ノンクラスブ義歯

ノンクラスブ義歯とは、金属のバネを使わない部分床義歯のことです。バネがないので義歯と気づかれないのが特徴です。この他、義歯床が薄いので違和感が少ない、従来の義歯の半分の重さでありながら強度が高く、咀嚼、発音を妨げない、安全で金属アレルギーが起こらない、などの利点があります。
ノンスクラブ義歯には、スーパーポリアミド樹脂のバルプラスト、より審美性・強度に優れるポリカーボネイト樹脂のピタットデンチャーなどの種類があります。

ブリッジ

ブリッジは、入れ歯が苦手な人におすすめです(保険が適用できます)。抜けてしまった歯の両隣の歯を土台にして、橋をかけるように人工の歯を入れます。保険治療の場合は、前から3番目までは歯の表面に白いレジン(プラスチック)が使用できますが、4番目より奥の歯は金属になります(セラミックなどを使った自費診療も可能です)。
両サイドの健康な歯を削る必要があり、歯が健康でない場合はブリッジができないというデメリットがあります。

インプラント

雪下歯科医院のインプラントは大学病院レベルのAランクのものを使用しており、Bランク以下のものは一切使用しておりません。

インプラントは、顎の骨に人工の歯を埋め込む治療法です。顎の骨に埋め込む歯根には金属アレルギーが最も起こりにくいチタン製のものを使用します。インプラントは固定力が強く、メンテナンスが簡単です。審美性にも優れ、本来の歯と変わらない感覚で物を噛むことができます。
いいことずくめのインプラントですが、欠点もあります。保険外診療なので治療費が高額になること。顎の骨が痩せている人、糖尿病・骨粗しょう症の人、心疾患を発病してから半年未満の人などはインプラントができません。

雪下歯科医院のインプラントの特徴

1) 提携している医療機関でのCT撮影
インプラントを行う際には、顎の骨の厚さや神経の位置を正確に把握しておく必要があります。当院では近隣のCT撮影専門の医療機関と提携し、より精度の高い手術を実現しました。
2) 500本以上の治療実績
当院ではこれまで500本以上のインプラント手術を行った実績があります。豊富な経験と熟練したテクニックで治療を行うので、ご安心ください。
3) 1本30万円+充実した保証
当院のインプラントの治療費は手術費込みで1本30万円(ボディのみ)です。10年間の保証期間中、破損や脱落などの不具合が生じた場合は、無料で修理いたします。

スタッフブログ患者さんの声雪下歯科医院 facebookインプラント専門サイト
tel.03-6842-5083 WEB予約