一般歯科

btn_telsp.png WEB予約

痛みを伴う治療は、もはや過去のものです。当院では、患者さまに快適にお過ごしいただけるよう、痛みを極力抑えた無痛治療を実践しています。

無痛治療

当院で行っている無痛治療は、最新の器具と熟練の技術が融合したものです。
器具には、電動麻酔と33G(0.25mm)の最も細い注射針を使用します。電動麻酔で一定の圧で麻酔液を注入し、髪の毛よりも細い針を使用することにより痛みを軽減します。麻酔液も体温と同じ温度にして、できるだけ違和感のないように配慮しています。
無痛治療は、まず注射針による痛みを軽減するために、麻酔薬のキシロカインジェルを患部の歯茎に塗り、33Gの針を装着した電動麻酔で麻酔液を注入します。このとき、痛みの少ない箇所に針を刺すなどの熟練のテクニックで、無痛治療を目指します。

虫歯治療

当院の虫歯治療の基本的なコンセプトは、患者さまの本来持っている歯質をできる限り残すこと。歯に本来の健康な部分が残っているほど、しっかりと噛むことができるからです。
しかしながら、どうしても削らなければならない歯はあります。削る量を最小限に抑えるためには、定期的に歯のメンテナンスを行うことが重要です。重度の虫歯になってしまうと、削らないまま治療するのはなかなか難しいものです。症状が初期の段階であるほど、削る量も少なくて済み、歯を残すことが可能です。

歯周病治療

歯茎から血が出たり、歯がグラグラしたり、冷たいものがしみたり、口臭がひどくなってきたら、歯周病の疑いがあります。
歯周病とは細菌による感染症で、日本人の9割が感染しているといわれています。初期の症状は歯茎が腫れているだけですが、症状が進行すれば、最終的には歯が抜けてしまいます。
歯周病は、初期の状態で治療すれば健康な状態に戻るのも早いものです。歯周病予防には、定期的なメンテナンスが効果的です。

エムドゲイン

エムドゲインは、歯周病で溶けてしまった顎の骨や歯根膜などの歯周組織を再生させる歯周組織再生療法の一種です。

「エムドゲイン・ゲル」というタンパク質の一種を歯根の表面に塗ることで、歯が生えてくるときと同じような環境をつくり歯周組織の再生を促します。

エムドゲインの最大のメリットは、歯周病によって失われてしまった歯周組織(歯槽骨や歯根膜など)を再生させることで、適切なブラッシングがしやすくなり、プラーク(歯垢)や歯石が溜まりにくい形態にできることです。
これによって、歯周病の進行や再発のリスクを低減できます。

 

親知らず

親知らずを放っておいて、腫れがひどくなってから来院される方がいます。腫れがひどくなると細菌が血液の中にも入ってしまい、敗血症を引き起こして命にかかわる場合もあります。腫れる前に、口が開きにくい、歯茎から血が出る、親知らずの周りの歯茎が痛いなどの症状が出たら、すぐに来院することをおすすめします。
腫れてしまった場合でも、抗生剤で殺菌して腫れを抑えることができますので、すぐ来院してください。感染が広がらないようにする方法や、どうしたら早く改善するか、分かりやすく説明します。
親知らずを抜く場合は、歯の下の重要な神経を傷つけないようにCTを撮って慎重に治療を行います。

スタッフブログ患者さんの声雪下歯科医院 facebookインプラント専門サイト
tel.03-6842-5083 WEB予約